子どもの虫歯予防

お子さんの歯を虫歯にさせないために

お子さんの歯を虫歯にさせないために

多くの親御さんが、虫歯になった経験をお持ちのことでしょう。だからこそ、お子さんは虫歯にさせたくないものです。

そこで所沢・西所沢の歯科医院「ところざわの歯医者さん」では、子ども虫歯予防に力を入れています。お子さんの大切な歯を守るために、悪いところができる前から、予防のための通院を始めましょう。

定期検診で虫歯予防を

定期検診で虫歯予防を

虫歯ができてしまったら、歯を削るしかありません。そこで大切なのが、できる前からの予防です。当院では定期検診において、医師によるお口の中のチェックや、ブラッシングでは取り切れない歯と歯の間などの汚れを取り除く、専門的なクリーニングなどを行っています。

定期検診を受けている人と受けていない人では、将来的に歯を失う本数に大きな差が出るというデータもあります。小さなころから定期検診に通う習慣を身につけさせてあげることが、お子さんの生涯のお口の健康維持につながるのです。

虫歯にさせないコツ

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、徐々に歯を溶かしていく病気です。しくみが解明されているため、予防も可能です。こちらでは、お子さんを虫歯にさせないためのコツをご紹介します。

おやつは時間を決める おやつの選び方に注意
だらだら食べる習慣があると、お口の中はいつも汚れた状態になり、虫歯リスクが高まります。おやつは時間を決めて与えましょう。 キャラメルやチョコレート、アメなど「やわらかい」「歯につきやすい」「食べるのに時間がかかる」「糖分が多い」などのおやつは、虫歯リスクが高まります。糖分の少ないものや、ゼリー、くだものなどを選ぶといいでしょう。
食後はすぐにブラッシングを 定期検診を欠かさない
食事の後だけでなくおやつの後にも、できるだけ早くブラッシングしましょう。外出中などでブラッシングが難しいときには、口をゆすぐだけでもするといいでしょう。 定期検診に通っていれば、専門的なケアで予防が可能になるうえ、もし何らかの異変があっても、早期発見・早期治療が可能になります。歯のダメージを軽減するために、定期検診を怠らないようにしましょう。

お子さんの治療メニュー

シーラント

シーラント

奥歯にある複雑な溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯を予防する処置です。生えたばかりの永久歯や、溝が深い乳歯などにも対応が可能です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強化し、虫歯になりにくい歯にする効果があります。定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯予防につなげます。

PMTC

PMTC

いくらきちんと仕上げみがきをしているつもりでも、歯の汚れは残ってしまいます。ブラッシングでは落とせなかった汚れもしっかり取り除かれ、虫歯予防に効果的です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防の基本となるのが、毎日の正しいブラッシング。

口腔衛生のプロ、歯科衛生士の指導のもと、自己流のみがき方を卒業し、正しい方法を身につけ、効果的な予防に取り組みましょう。

お母さんとお子さんの歯科治療については こちらから

「ところざわの歯医者さん」へのご予約は こちらから