根管治療

重度の虫歯には根管治療を行います

重度の虫歯には根管治療を行います

歯の奥の神経まで達した重度の虫歯は、従来であれば抜かなくてはなりませんでした。しかし歯は1本でも失うと、さまざまなデメリットが生じてしまいます。そこで近年では、根管治療(こんかんちりょう)が行われるようになりました。

所沢・西所沢の歯科医院「ところざわの歯医者さん」では、根管治療に対応しています。重度の虫歯もあきらめず、当院までご相談ください。

根管治療とは

根管治療とは

虫歯が重度にまで悪化すると、歯根の中をとおる根管に入っている神経や血管は虫歯菌に冒され、その状態を放置すると歯を失うリスクがあるのです。そこで、神経や血管を取り除くために行うのが根管治療です。

悪い部分がなくなった根管はきれいに洗浄・消毒して、すき間なく薬剤を充填。その上に土台を立て、最後に被せ物をすることで、咬む機能を回復させます。根管の構造はとても複雑なため難しい治療になりますが、これを確実に行うことで歯を抜かずに済むのです。

抜歯を避けるメリット

抜歯を避けるメリット

歯とはすべてが正しくそろうことでバランスをとり、お口の機能をつかさどっているものです。もし歯を1本でも失えば、空いたスペースに咬み合う歯が伸びてきたり、隣の歯が傾いてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。その結果虫歯や歯周病、また肩こりや頭痛などが招かれてしまうのです。根管治療は、歯を残し、こういったリスクを回避するための重要な治療なのです。

>>歯を失う悪影響についてくわしくはこちら

根管治療の流れ

STEP1
神経・血管の除去
STEP2
根管の計測
STEP3
洗浄・除菌
STEP1 神経・血管の除去 STEP2 根管の計測 STEP3 洗浄・除菌
根管から、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経や血管を取り除きます。 根管をきれいに整形し、専用の器具で長さを正確に測ります。 根管の内部に細菌が残らないよう、すみずみまで洗浄・除菌を行います。

矢印

STEP4
薬剤の充填
STEP5
土台の構築
STEP6
被せ物の装着
STEP4 薬剤の充填 STEP5 土台の構築 STEP6 被せ物の装着
根管の中にすき間ができないよう、薬剤を充填して密封します。 歯根に土台を構築します。 土台に被せ物を装着し、咬み合わせの調整などを行って治療完了です。
~精密な治療のために歯科用CTを使用します~

~精密な治療のために歯科用CTを使用します~

当院では精密さが求められる根管治療を確実に行うために、事前に歯科用CTによって根管部分の詳細な立体画像を取得し、診断を行っています。

歯科用CTでは、根管の変形や歯根の長さ、破折の状態、歯周組織のダメージといったことまで把握することが可能であり、一人ひとりの症状に適した治療計画を立てることができるのです。また治療後に薬剤の充填の状態を確認することもでき、より緻密な治療が行えます。

治療の中断は大変危険です

治療の中断は大変危険です

根管治療は精密に行う必要があるため、どうしても治療回数が増えてしまいます。そのために治療を中断されてしまう患者さんもおられますが、それは大変危険なことです。

ある程度悪化した虫歯の場合、神経が死んでいるため一旦痛みが消えていることもありますが、治療中の歯は現在の弱点が露わになっている状態。そのままにすれば、さらに悪化し抜歯をまぬがれなくなってしまうかもしれません。

治療は最後まできちんと受けることが大切です。医師が「終了」というまで、きちんと通院しましょう。

「ところざわの歯医者さん」へのご予約はこちらから