予防歯科

予防の意識が大切です

予防の意識が大切です

歯医者は、「何か悪いところができたら行くもの」だと思われている方が少なくありません。これは、風邪をひいたら内科へ、ケガしたら外科へ行くのと、歯科を同じようにとらえていることによるものでしょう。

しかし虫歯歯周病は、風邪やケガと同じように「なってからの治療」で元どおりにすることはできません。「なる前からの予防」が重要なのです。歯を本気で守りたいなら、予防が肝心。悪いところができる前に、所沢・西所沢の歯科医院「ところざわの歯医者さん」の予防歯科にお越しください。

海外と日本の意識の違い

実はこの「悪くなってから歯医者へ行く」という認識は、先進国では日本特有のものだといえます。欧米ではすでに、「予防のための通院」は当たり前のことなのです。そしてこの予防意識の差は、年齢を重ねてからの歯の残存数に大きく影響しています。

定期検診の習慣と残存歯数の関係
  スウェーデン
スウェーデン
米国
米国
英国
英国
日本
日本
定期検診の習慣が
ある人の割合
90% 80% 70% 2%
80歳での
平均残存歯数
20本 17本 15本 8本

これを見ると、定期検診に通い予防に励んでいる人と、そうでない人では将来の歯の本数が明らかに違うことがわかります。「歯がなくなって入れ歯をつくるための通院」と、「歯を残すための予防のための通院」、あなたはどちらを選びますか?

その予防知識、間違っていませんか?

あなたは、次のような認識をお持ちではありませんか? 一度チェックしてみましょう。

  • 食べてすぐうがいをすれば、虫歯にならない
  • フッ素を塗っていれば、虫歯にならない
  • 毎日ブラッシングをしていれば、虫歯や歯周病にならない
  • 虫歯になっても治療をすれば治る

この中に思い当たるものはありましたか? これらの予防知識、実はすべて間違っているといえます。確かに毎日のブラッシングは、予防に欠かせないものです。しかしお口の中を自分できちんと見ることは難しく、セルフケアにはどうしても限界があるもの。定期的に歯科医院でプロケアを受けることが必要になるのです。

また一度虫歯になったら、いくら治療をしても歯が元どおりになることはありません。ダメージを受けた歯は再発のリスクを背負い、その結果治療をくり返して、歯を失うリスクを高めてしまうのです。まずは、歯科医院で正しい予防知識を身につけることから始めませんか?

予防歯科で行うプロケア

予防歯科で行うプロケア

虫歯や歯周病には初期に自覚症状がないため、痛みや腫れなどの症状が出る前から、予防歯科でプロケアを受け、予防に励むことが大切です。予防歯科では、口腔衛生のプロである歯科衛生士が、専門知識を元に専用の器具を用いて効果的な予防処置を行います。

定期的にプロケアを受けることで、長期的なお口の健康を維持し、人生を笑顔で送っていただきたい――。当院が心を込めてサポートいたします。

当院の予防メニュー

PMTC

PMTC

毎日きちんとブラッシングしているつもりでも、どうしても歯の汚れは残ってしまいます。歯科衛生士が専用の器具を使って行う、歯のクリーニング「PMTC」で、歯と歯、歯と歯ぐきの間に残った汚れを徹底的に落とします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強化し、虫歯になりにくい歯にする効果があります。定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯予防につなげます。お子さんにも大人の方にも効果的な処置です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

予防の基本となるのが、毎日の正しいブラッシング。口腔衛生のプロ、歯科衛生士の指導のもと、自己流のみがき方を卒業して、一人ひとりのお口の状態に合った正しいみがき方を身につけ、効果的な予防に取り組みましょう。

咬み合わせのチェック

咬み合わせのチェック

咬み合わせが乱れると、咬むバランスが崩れて顎や顔つき、また全身のゆがみを招くなど、さまざまな問題を引き起こします。お口の状態は日々変化するため、定期的にチェックを行い適切な対応をしていきます。

シーラント

シーラント

奥歯にある複雑な溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯を予防する処置です。お子さんに行う処置で、生えたばかりの永久歯や溝が深い乳歯などにも対応が可能です。

「ところざわの歯医者さん」へのご予約はこちらから