インプラント

自分の歯のような咬み心地に

自分の歯のような咬み心地に

失った歯の機能を回復させる治療には、古くから入れ歯が用いられてきました。近年ではそれに加え、インプラントが人気を集めています。インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む手術を行い、その上にセラミック製の人工歯を取り付けて、咬む機能を回復させる治療です。

まるで自分の歯のような咬み心地が戻り、見た目も自然で美しいという特徴を持つインプラント。インプラント治療については、所沢・西所沢の歯科医院「ところざわの歯医者さん」までご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 天然歯と変わらない咬み心地と見た目を取り戻せる
  • 食事や会話を自然に楽しめる
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 長期的によい咬み心地を維持できる
  • 咬む力が顎の骨に伝わり、歯ぐきがやせるのを防ぐ
  • 自費診療のため、比較的高額になる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 重度の歯周病や全身疾患の状態などによっては、治療できないケースもある

このよう方にはインプラントをおすすめします

次の項目に当てはまるものはありますか?

  • もう一度自分の歯のように咬めるようになりたい
  • 残っているまわりの歯に負担をかけたくない
  • 治療したことを他人に気づかれたくない
  • 今使っている入れ歯に不満がある
  • 歯を失ってしまったが、どういった治療を選べばいいかわからない

この中に該当するものがある方には、当院ではインプラント治療をおすすめします。インプラントは入れ歯のようにずれたり外れたりすることがなく、自分の歯が戻ってきたかのように食事や会話を楽しみ、快適に生活することができます。このようなお悩みをお持ちなら、インプラント治療を検討してみませんか?

インプラント治療の流れ

STEP1
歯ぐきの切開
STEP2
ドリリング
STEP3
インプラントの埋入
STEP1 歯ぐきの切開 STEP2 ドリリング STEP3 インプラントの埋入
歯ぐきを切開し、顎の骨を露出させます。 専用のドリルを使って、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴をあけます。 あけた穴にインプラントを埋め込み、歯ぐきで覆います。
STEP4
治癒期間
STEP5
アバットメントの装着
STEP6
人工歯の装着
STEP4 治癒期間 STEP5 アバットメントの装着 STEP6 人工歯の装着
インプラントと顎の骨が結合し、傷口が治癒するまで期間をおきます。 再び歯ぐきを開き、インプラントの頭部に人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。 アバットメントに人工歯を装着して、治療完了です。
歯牙再植という方法もあります

歯牙再植という方法もあります

歯が抜け落ちてしまったときの治療には、「歯牙再植」という方法もあります。これはケガなどによって歯が抜けてしまった場合、早急に適切な処置を行い元の場所に埋め直す治療です。また歯根の先に膿の袋ができてしまったなど、通常の根管治療で対応できないほど悪化した症状がある場合に、一度その歯を抜いてきれいに処置した後に歯を戻すケースもあります。

自分の歯を使用するためなじみもよく、またインプラント治療のような高額な費用も不要です。「抜けてしまったらそれで終わり」とあきらめず、早急にご相談ください。

「ところざわの歯医者さん」へのご予約はこちらから

-->